伊勢正三に魅せられて

22才の別れ:正やんのかっこいいギターとこうせつさんと共に


やはり、正やんの代表作といったら、「22才の別れ」ですよね。

この動画は、青春グラフィエィーIN EXPO 2005 で収録されたものだそうです。


沢山あるなかから、私がこの「22才の別れ」を選んだのは、

それは、なんといっても正やんのリードギターですね。

スタジオ撮りでは、なかなか、聞けないようなアドリブ的な、

このリードギターですね。


特に曲の終わりのリードギターがかっこいい.............................................

私もこのようなギターを弾きたいなあと思って、

学生時代によく練習をしたものです。


私はへたですかど.............................^^!



.................................................................................................................
.................................................................................................................
ちょっとここで、少しだけ、「22才の別れ」の歌の説明をしたいと思います。

★日本のフォークデュオ」のデビューシングルである。

★1975年2月5日日本クラウンより発売され、

  作詞・作曲:伊勢正三 編曲:石川鷹彦 です。

★累計売上はミリオンセラーに達した。

  オリコンチャートでは売上70.8万枚、オリコン年間チャート7位。

........................................................................................................................................................

 

伊勢正三さんのプロフィール

伊勢 正三(いせ しょうぞう)さんは、1951年11月13日に大分県津久見市
生まれました。

高校は、大分県立大分舞鶴高等学校を卒業しました。
その高校の先輩に南こうせつがいました。
彼に誘われて、コーラス部に入り、その中でバンドを結成したそうです。

大学は千葉工業大学工学部工業化学科を3ヶ月程で中退しています。

あだ名は正やん。
彼より早く状況していたこうせつは、かぐや姫を結成し、音楽活動をしており、
大学に入って間もない正やんをバンドに引き入れて、
山田パンダと3人で新かぐや姫で再出発します。

1975年の4月まで、かぐや姫で活動し、
その年の2月には、既に猫の大久保一久と風を結成しました。

1979年まで、風で活動し、その後は、ソロ活動を始めました。

1995年に、池田聡とISを結成した。
1999年には、山本潤子とのコラボレーションを実現させ、
正やん、大田裕美、大野真澄の3人で「アコースティックナイト」コンサートで全国をまわった。
2007年12月2日のコンサート会場と通販限定の
「アコースティックナイト」のライブCDを発表した。

2008年に風を再結成しようとしたが、大久保が病気になり、休止。
その後は、「風ひとり旅」コンサートを企画して全国を回った。

夫人は小谷野とも子さんで、


1970年代に活躍したシンガーソングライターです。

シングル

  • 海の悲歌(エレジー)…ドラマ「夏の影」主題歌
  • しあわせ
  • 風は東から…ドラマ「フライパンの唄」主題歌 

アルバム

  • メモリー
  • 青春の片隅で
  • NEUTRAL TINTS(ニュートラル・テインツ)(1978年)サウンドプロデュース:鈴木茂
  • フロム・インサイド(1979年)サウンドプロデュース:鈴木茂


娘さんは、伊勢未知花さんで、2008年に「その日のまえに」で女優にデビューしています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。