伊勢正三の歌 (4) - 伊勢正三に魅せられて

なごり雪:伊勢正三のかたり調の珍しい動画と

名曲なごり雪は、後世に残る歌になることは間違いないですね。

もう、なってますから.......................



今回は、正やんのオリジナルの歌ではなくて、

イルカさんと共演している動画を選びました。

「なごり雪」(なごりゆき)は、正やんが作詞作曲したかぐや姫時代のものです。

1974年にかぐや姫のアルバムで「三階建の詩」というレコードに
収録されて発表されました。

翌年にイルカがカバーバージョンとして、シングルを発表したところ、
これが大ヒットをして、それ後、
日本の早春を代表する詩の一つとして、今も尚、歌い続けられている名曲になりました。

以降、いろいろなアーティズトによって歌われていきます。


歌詞の中では、東京の駅が背景にありますが、実は、正やんは、生まれ故郷である大分県の津久見市の駅を

思いながら、この詩を作ったと本人が語っています。

更に、更に、2002年にはこのなごり雪が映画化されました。



大林宣彦監督独自の解釈に基づいて、大分県の津久市をロケーションとして、

なごり雪を映画化しました。このために正やんが再録音して、それが、シングル化もしたものです。

第56回NHK紅白歌合戦の「スキウタ」アンケートで白組で18位にもないりました。

 


おまけで、下の動画は、正やんが語りかけるように「なごり雪」を詩っている珍しいものですので聞いてみてください。

22才の別れ:正やんのかっこいいギターとこうせつさんと共に


やはり、正やんの代表作といったら、「22才の別れ」ですよね。

この動画は、青春グラフィエィーIN EXPO 2005 で収録されたものだそうです。


沢山あるなかから、私がこの「22才の別れ」を選んだのは、

それは、なんといっても正やんのリードギターですね。

スタジオ撮りでは、なかなか、聞けないようなアドリブ的な、

このリードギターですね。


特に曲の終わりのリードギターがかっこいい.............................................

私もこのようなギターを弾きたいなあと思って、

学生時代によく練習をしたものです。


私はへたですかど.............................^^!



.................................................................................................................
.................................................................................................................
ちょっとここで、少しだけ、「22才の別れ」の歌の説明をしたいと思います。

★日本のフォークデュオ」のデビューシングルである。

★1975年2月5日日本クラウンより発売され、

  作詞・作曲:伊勢正三 編曲:石川鷹彦 です。

★累計売上はミリオンセラーに達した。

  オリコンチャートでは売上70.8万枚、オリコン年間チャート7位。

........................................................................................................................................................

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。